髪の変化を感じたときには

髪の変化を感じたときには

髪の変化を感じたときには

 

「抜け毛が増えてきた気がする」「以前と同じヘアスタイルにしているのに、なぜか同じように決まらない……。」人が自分の髪の変化に気づくきっかけはさまざまです。一番多い悩みが髪の毛のボリュームダウンです。髪が細くなってコシがなくなってきた、全体的に薄くなってきて分け目が目立つ…。

 

髪の悩みは、人に相談しづらい、口に出しづらい、という現実があります。男性ならば、薄毛も時にはセクシーな魅力としてアピールできるかもしれませんが、女性の薄毛はさらに深刻です。40代、50代の薄毛は一気に印象を老けさせてしまいますし、20代、30代から薄毛に悩む女性も少なくありません。

 

「男性ホルモン」が原因ではげてしまう男性の薄毛と違は違い、女性が薄毛になってしまう原因は実にさまざまあります。産後の抜け毛といった一時的なものを除いて、薄毛は進行していきます。つまり、1日でも早く現状を正しく認識して、薄毛の理由を理解した上で日々のケアを正しく行なうことが大切なのです。

 

まずは薄毛に悩む人たちの声をお読みください。ご自分にあてはまるものがありますか?

 

髪の毛を束ねてみると、友人だちと量の違いが歴然。若い頃から髪の毛のボリュームが少ないのが悩み、という人は少なくありません。この違いはとこからくるのでしょう。

 

薄毛の悩みの症例

 

自分の容姿が気になり始めた思春期の頃から、周囲と比べて自分の髪のボリュームが少ないと感じるようになりました。

 

1つに束ねた時のボリューム感も明らかに違いましたし、前髪の辺りがいつもぺたっとしていて、ふんわりとしたヘアスタイルにできず寂しい印象です。

 

そんなものかと諦めて過ごしてきました。今のところ、それがさらに減ってきたという印象は特にはないのですが、40代が近づいてきたこともあり、もしも薄毛が進行し始めたら悲惨なことになるのでは、と不安が拭えません。

 

人の身体には、全体でおよを500万本の毛が生えています。細い軟毛も含めると、手のひらや足の裏などの一部を除いて、ほば全身が毛に覆われているといえます。軟毛や硬毛など、生える場所によってその種類はさまざまです。

 

頭髪に生えでいる毛は平均およ10万本。1立法センチメートルの中に生えている毛の本数は、頭のてっぺんが300本程度で、側頭部や後頭部は200本程度とやや密集度は少なめです。ちなみに、腕の毛は廴pあたり20本くらいです。とはいえ、もちろんこれは平均値です。当然個人差があり、頭髪の本数は少ない人で6〜7万本、多い人で13〜14万本、およそ倍ちかい差があるのです。

 

また、人種によっても髪の毛の本数の平均値は異なります。金髪が最も多くて15万本、栗色の髪が11万本、黒毛が10万本、赤毛は9万本がそれぞれ平均値だそうです。髪の質も人種によって違います。日本人などの黄色人の毛の断面はほとんどがまん丸であり、そのためにストレートヘアの人が多いのですが、黒人の場合は断面が楕円かもしくは扁平な形をしているので強くカールしている髪になるのです。理由は毛根の形が違うため。伸びる長さも白人や黄色人と黒人では違います。白人や黄色人は黒人よりも長く伸び、毛の太さは黄色大や黒人のほうが白人よりも太く、特に黒人は太く短く強くカールした髪が特徴です。

 

つまり、遺伝的な要素が強いのが髪の毛だといえます。実際、毛穴の数や密度は胎児の時に決まります。つまり生まれる時には、その人の髪の数が多めか少なめか、すでに決まっているということです。そのために、先述の通り、毛髪が6万本しかないもいれば14万本ある人もいる、という個人差が生まれるのです。

 

赤ちゃんの頭髪は胎児の間に軟毛から硬毛に変わりますので、赤ちゃんはみな、頭に髪を生やして生まれてきます。とはいえ、小さな子どもの髪の毛は比較的細くて柔らかです。この柔らかな髪は、思春期頃に太さを増していくものなのですが、相談者さんの場合は、この時期にそれほど太くはならなかったということでしょう。もともと、細くて柔らかな毛質なのだと思われます。髪の多い少ないも、実は本数の違いよりも太さの違いのほうが見た目にはっきり現れると考えられます。

 

厳密にいうと、1つの毛穴から生える毛の数は1本と決まってはいません。1つの毛穴の中には毛包(皮膚の表面が袋状に窪んで毛根を包み込んでいる部分)が3つあるものが多くて、1つの毛穴から2本、3本と毛が生えているのが普通のことです。しかし、この3本全てが太く長く育つということはほとんどなく、太く長く成長していく髪の毛は、このうちの1、2本程度なのです。そもそも、毛穴の数も、毛穴から太く成長していく毛の本数も、それぞれに個体差があるのです。

 

そして、生まれつき髪の毛の数が少なかったり細かったりするからといって、髪の毛が抜けやすいなんてこともありません。細さと抜けやすさは根本的に異なります。ただ、元来細くて少なめの人のほうが、わずかなボリュームダウンでも髪の変化に気づきやすいといえるでしょう。

 

生まれながらにして毛穴の数が決まっているので、本数の決まっている髪の毛の数を増やすことは無理なのですが、髪の毛が気になってきたら、髪を今まで以上にケアするようにして、今まで以上にハリやコシを持たせていく、という観点でご自分の髪に向き合われてはどうでしょう。そのためにも頭皮環境がとても大切になってくるのです。