頭皮シャンプーマッサージの基本的流れ

頭皮シャンプーマッサージの基本的流れ

頭皮シャンプーマッサージの基本的流れ

 

頭皮シャンプーマッサージの方法について、大まかな流れを説明していきましょう。

 

STEP@ 髪のもつれをとく

 

髪は、ぬれるとからまりやすくなります。

 

髪が長い場合は、目の粗いブラシやくしなどで毛先をとかし、中間から筋道をつけ、最後に根元から全体をとかします。

 

髪が短い場合は、手ぐしで全体をとかします。

 

STEPA 髪と地肌を十分にぬらす

 

40℃前後のぬるま湯で、髪と頭皮を素洗いします。

 

これにより、汚れが落ちて、シャンプー剤の泡立ちがよくなるとともに、まんべんなく洗うことができます。

 

頭皮が少ない場合はSTEPBにすすみます。

 

皮脂が多い場合は、先にホホバオイルなどでプレトリートメントを行います。

 

STEPB 1回目のシャンプー

 

500円玉くらいの量のシャンプーを手のひらに取って伸ばしてから、髪全体につけて軽く洗います。

 

1回目のシャンプーは、頭皮についている油性の汚れを落とすことが最大の目的です。力を入れてゴシゴシ洗ったりいきなりマッサージはしないようにしましょう。指の腹の部分で頭皮を軽くマッサージするように全体的に空気を取りこむようにシャンプーを泡立てるようにします。全体に泡立ったら、よくすすぎ流します。

 

STEPC 2回目のシャンプー

 

最初の量の半分くらいの量ののシャンプーを軽く泡立てます。

 

指頭で頭皮をしっかりとらえて、髪が引きつらないようにゆっくりとした動きで、頭皮を揺り動かすマッサージを主体に行います。

 

STEPD 十分すすぐ

 

シャンプーが頭に残らないように、髪に残っている泡を手で軽く落としてからすすぎを開始します。耳の後ろからえり足にかけて、耳の上の側頭部周辺、生え際がシャンプーが残りやすい部分なので、たっぷりのお湯で十分念入りにすすぎます。

 

すすぎがきちんとできていないと、フケやかゆみの原因になってしまったり、最悪、抜け毛の量が増えてしまう場合があるので、しっかり入念に頭皮を洗い流すようにしましょう。耳の後ろやえり足の部分なども、きちんとすすぎましょう。

 

STEPE リンス・トリートメントを行なう

 

頭皮に優しい「アミノ酸系」のシャンプーを使えば、リンス・トリートメントは基本的には必要ないと思いますが、髪の損傷状態に応じて、リンスまたはトリートメントを使用します。

 

このとき注意することは、毛先を中心に髪の毛のみにつけること。つけたら蒸しタオルで頭全体を包み、数分そのままにして浸透をうながしてからすすぎ流します。

 

STEPF 洗髪後のケアをする

 

蒸しタオルで髪の毛を包んで水分をふき取ってから、乾いたタオルを頭にかぶって、その上から頭皮を軽くもみ、水分を拭き取ります。タオルで頭皮をゴシゴシして拭き取るのは厳禁ですので注意しましょう。

 

拭き取りが終わったら、育毛剤や発毛剤などを頭皮につけます。また、頭部のツボを押して刺激したり、頭皮全体のマッサージをしましょう。必要であるならば、ドライヤーで髪を乾かして、一連の流れは終了です。

 

毛穴の皮脂と汚れを落とすプレトリートメント

 

シャンプーをすることによって、髪と頭皮についている表面の皮脂や汚れは洗い落としてキレイにすることはできるのですが、毛穴に詰まってしまった汚れまでは簡単にはきれいに落とせないのです。

 

そこで、毛穴につまってしまった皮脂をキレイに落とすために、ぜひおすすめしたい方法がシャンプー前に行う「プレトリートメント(クレンジング)」です。

 

クレンジングではホホバオイルや肌に使うクレンジングオイルなど、水に溶けやすいオイルを使います。なるべく頭皮に優しいオイルがオススメなのでホホバオイルをオススメします。これを手に取って頭皮にぬり、軽くマッサージをします。

 

「脂分の多いところに、なぜ油をぬるの?」と思われるかもしれません。じつは、「脂と油は混ざりやすい」という特性があるのです。このため、オイルをぬると皮脂や汚れがくっつき、これをシャンプーとともに洗ってお湯で流せば、皮脂と汚れは取り除けます。

 

「アブラ(脂)はアブラ(油)で落とす」といわれるのは、このことなのです。

 

クレンジングオイルを頭皮につけ、皮脂とよくなじませて、水またはお湯で流します。クレンジングオイルが白く乳化して、皮脂や汚れがいっしょに落ちていきます。

 

毛穴に詰まった脂をほうっておくと、皮脂が酸化して頭皮に悪影響を与えるばかりか、育毛剤の成分が浸透しません。

 

皮脂分泌の程度に合わせて、毎回または週に2〜3回行なうようにしましょう。

 

 

STEP@ 頭皮にオイルを馴染ませる

 

オイルを手のひらに取り、頭皮全体にぬって馴染ませます。

 

STEPA タオルで包んで皮脂を溶かし出す

 

髪の毛を蒸しタオルかシャワーキャップで包み、体温でオイルが温まって皮脂を溶かし出すまで、このまま10分おきます。

 

 

頭皮マッサージのやり方 >>