頭皮の環境を整える基本Step2

頭皮の環境を整える基本Step2

頭皮の環境を整える基本Step2

 

植物を育てるときに、絶対に必要なのは水です。どれだけ栄養価の高いよい土に植えても、水を与えなければすぐに枯れてしまいます。

 

とはいっても、いくら欠かせない水だとしたも、塩などの成長を妨害する成分が入っていたのでは害になってしまいます。成長の害となるものが、ここで言う「毒素」というわけです。

 

育毛のためにも、毒素には気をつけなければなりません。

 

髪と頭皮に対しての毒素は、いくつかあります。

 

その中でも、特に育毛に悪い影響を与えるのが、水道水に含まれている塩素です。また、熱すぎ、もしくは冷たすぎる水温も毒となります。

 

水以外で、髪や頭皮に悪影響を及ぼす毒素としては、合成洗剤を使っているシャンプー、ドライヤーの熱、紫外線なども挙げられます。

 

そして、シャンプーを正しく選ぶことができていない人が、本当に多いように感じます。良い例として、「ノンシリコンのシャンプーならば、すべて解決!」みたいに勘違いしている人が大勢おられます。

 

頭皮にとって毒となるのは、具体的には、塩素、シャワーの水温、シャンプー、紫外線です。また、市販の育毛剤に含まれる毒のひとつとして「アルコール」も毒になりえます。

 

薄毛になるのは、体に毒素がたまりすぎたときに起きます。花粉やハウスダストを浴びすぎて、アレルギーになってしまうのと同じ理屈です。

 

耐性はコップにたとえるとわかりやすいので、それでお話しします。

 

毒素がたまっていくコップを、みんなが体内に持っています。そのコップに毒素がたまっていくのですが、いっぱいになるまでは誰にも何も起きません、しかし、コップが毒素でいっぱいになって溢れてしまった時に、変化が現れはじめます。つまり、薄毛が始まってしまうのです。

 

毒をためるコップのサイズは人それぞれです。人によって違いがあります。コップのサイズが大きい人は簡単には薄毛になりません。しかし、サイズが小さい人は簡単に薄毛になってしまうのです。

 

ちなみに毒素など薄毛の原因になるものはたくさんあり、代用的なものとしては以下のようなものが挙げられます。

 

頭部

 

血流、湯衛星、常在菌、乾燥

 

自然要因

 

紫外線、有害物質

 

外部要因

 

頭皮に合わないシャンプー、ワックスなど

 

身体的要因

 

眼精疲労、内臓の不調、悪い生活習慣、ストレス、乱れた食生活、高血圧、冷え症