ハゲや薄毛の悪化要因

ハゲや薄毛の悪化要因

ハゲや薄毛の悪化要因

 

薄毛やハゲの明確な原因というものはまだ研究の途中なのですが、悪化の要因に関してはかなり詳しいところまで研究が進んでいます。

 

薄毛やハゲの予防対策として、悪化要因をなくすことは大切です。悪化要因の中から、取り除けるものはなるべく取り除いていくことが薄毛・ハゲ解消のカギです。

 

悪化要因その@ 遺伝的要素

 

はげや薄毛になる原因として、遺伝的要な素が深く関係しているらしいことは、ずいぶん昔から言われていました。

 

受精後、たった3ヵ月頃の胎児の段階にもかかわらず、その赤ちゃんが将来、黒髪になるのか金髪になるのか、直毛なのか縮毛なのかなどの、毛髪に関わる親の遺伝子情報のすべての受け継ぎが完了すると言います。

 

この遺伝子の情報を受け継いだ一番最初の毛母細胞ができあがると、そこから細胞分裂がくり返されることによって毛髪が作られることになります。

 

脱毛そのものの遺伝子はまだ見つかっていませんが(まれな遺伝性全身脱毛症の原因遺伝子は1998年に発見されています)、親から受け継いだ脱毛を起こしやすい体質、骨格、皮膚の状態などにわたる、さまざまな遺伝因子があるのです。

 

そして、男性の75%もの人はハゲる体質を親から受け継いでいるといいます。

 

遺伝が深く関係している男性型脱毛症の場合では、遺伝因子が1つであった場合でも、男性は脱毛症になりやすいことがわかっています。しかし、女性はその心配はまずないこともわかっています。

 

しかし、女性でも「遺伝因子が2つあると、脱毛症になるリスクが高まってしまう」とおいう報告がされています。

 

はげ・薄毛の遺伝子を受け継ぐのは両親からという場合が一番高くて、両親の両方が脱毛症や薄毛の遺伝子を持っていた場合、男女ともに脱毛症が起こりやすくなってしまいます。

 

そのほかに、祖父母や曾祖父母からも遺伝子を受け継ぐ可能性もあります。祖父母や叔父、叔母に髪の毛が薄い人やハゲがいるという場合、女性は大丈夫なケースが多いのですが、男性の場合となると薄くなったりハゲたりする人が多くなるのです。

 

色々な調査・研究結果を分析すると、男性はだいたい71〜75%、女性はだいたい25〜29%の割合で、薄毛やハゲになりやすい遺伝子を両親または祖父母などから受け継いでいることがわかるのです。

 

つまり、親、または祖父母、親せきの頭の状態を見て自分の将来が不安になった場合は、なるべく早い時期からの薄毛予防の対策をした方がいいと言えます。

 

男性ホルモンとハゲの関係

 

なお、男性型脱毛症に男性ホルモンが関係していることは、古くからいわれています。

 

アメリカの医師の実験によると、思春期前に去勢して睾丸を取り除いた場合、若年性脱毛症が発症することはなく、脱毛症が進行中の人が去勢すると薄毛の症状が改善したそうです。そして、この二つのケースの人に男性ホルモンのテストステロンを注射したところ、なんと再び脱毛症が進行し始めたそうです。

 

また、ハゲや薄毛になりやすい前頭部の髪の毛と、ハゲにくい後頭部の頭髪を交換移植したケースがあります。すると後頭部から前頭部に移植した頭髪ははげるkとなく成長を続け、前頭部から後頭部に移植した頭髪の部分はハゲたり薄くなってきた、という結果報告もあるのです。

 

つまり、たとえ同じ人であっても、頭の場所によって、男性ホルモンが頭髪に与える影響は違ってくると考えることができるのです。

 

頭皮の部分ごとに男性ホルモンによる影響が決まっていて、その性質は移植されてからも変化せずに、新しい場所になってもその場所と同じ性質にはならないと考えられるのです。

 

悪化要因そのA ストレス

 

薄毛やハゲになりやすい人の約8割が、「神経質タイプ」であるという報告があります。

 

いつもイライラしていたり、心配事が多くて悩んでいたりすると、ストレスから皮脂腺の働きが活発になり、皮脂の分泌も増すことが明らかです。

 

また、ストレスがかかっていると、自律神経のバランスにも狂いが生じてきます。

 

自律神経は、自分が特に意識しなくても、体の各機能のバランスをとるようにいつも働いてくれている神経です。自律神経には交感神経と副交感神経があって、自動車にたとえるとブレーキが副交感神経で、交感神経はアクセルの役割を担っています。

 

朝目覚めて、日中の間精力的に活動できるのは交感神経の働きのおかげです。具体的に言うと、血圧を上昇させ、体に血液をめぐらすことで戦闘モードにするのです。

 

反対に、夜になるにしたがって血圧が下がっていき、徐々にリラックスモードになって、体は休息をとるモードへと移っていきます。この働きは副交感神経によるものです。

 

ストレスを抱えている生活をしていると、交感神経と副交感神経のバランスがくずれるのです。それと同時に、緊急の場合に体を活性化させることにより攻撃態勢を作りだすカテコラミンというホルモンが分泌されることになります。

 

カテコラミンはストレスに対抗するためには必要不可欠なホルモンなのですが、このホルモンが分泌されことによって血管が収縮しやすくなったり、交感神経が緊張状態になることによって胃腸障害を起こすことにもつながります。その結果、胃腸の消化・吸収に悪影響を及ぼし、栄養不足が原因の脱毛へとつながってしまいます。

 

また、毛乳頭に通っている毛細血管も収縮しやすくなるため、髪の毛にも栄養がいきわたりにくくなり、髪の毛が抜けやすくなるわけです。

 

このようなことを避けるためにも、ストレスを避けて毎日を快適に過ごし、睡眠不足にならないように気をつけることが必要です。

 

悪化要因そのB 悪い食生活

 

毛髪は皮膚の一部であり、血管から栄養をもらっています。よい髪の毛を育てるためには、「何を食べるか」もとても大切です。

 

はじめに注意してほしいことは、肉中心の食生活で脂分を多くとりすぎることです。肉中心の食生活では血液中のコレステロール濃度が高まってしまいます。すると、頭皮の皮脂の分泌が多くなるので、脂漏性脱毛症の原因になってしまうのです。

 

髪の毛を構成している大部分はケラチンというたんぱく質であり、18種類のアミノ酸が結合してできています。その中でも、含硫アミノ酸のシスチンが多く含まれています。偏った食生活で、たんぱく質の摂取量が不足してしまうと薄毛やハゲになりやすくなります。魚や大豆などに含まれる良質なたんぱく質を積極的にとることが大切なのです。

 

さらに、亜鉛や銅、セレニウム、硫黄などのミネラルの摂取不足も、抜け毛や白髪を促進させてしまう原因であると考えられています。

 

また、ビタミン類の不足にも注意が必要です。ビタミンAが不足してしまうと皮脂の分泌が少なくなり、汗腺の働きが衰え、皮膚表面の角質層が厚くなります。皮膚には潤いがなくなってしまい、毛髪は乾燥しやすくなってしまいます(ただし、ビタミンAは多すぎても脱毛を起こすことがあり、とりすぎにも注意が必要です)。

 

また、ビタミンB6の不足はたんぱく質の代謝に異常をきたしたりします。その結果として、皮脂の分泌を増やしてしまうことになるため、脂漏性脱毛症の原因となってしまうのです。

 

アルコールやコーヒーの取りすぎは体内の大切なビタミン類を破壊することにつながるので、飲みすぎには注意が必要となります。

 

悪化要因そのC タバコ

 

タバコの煙に含まれているニコチンには、体中の血管を収縮させる働きがあります。それが原因となり、血流が悪くなり発毛・育毛のための十分な栄養分が頭皮まで届かなくなってしまいます。

 

ハーバード大学の調査報告によれば、喫煙することによって、アンドロステンジオン、テストステロン、デヒドロテストステロンなどに代表される、ほとんどの男性ホルモンの分泌量が増加することがわかったそうです。

 

このタバコと男性ホルモンの研究はハゲや薄毛について調べたものではなく、あくまで喫煙とホルモンの関係を調べたものなのですが、喫煙することによってハゲの状態が進んだり、脱毛量の増加につながる危険性が十分にあることを調査結果は示しています。

 

なにより、喫煙は咽頭がんや肺がんなどのリスクを大幅に高めます。脱毛・ハゲの問題より前に、健康への悪影響を考えるべきではないでしょうか。

 

悪化要因そのD 健康状態

 

とくに大事なのは、食べ物の消化・吸収をつかさどる胃腸の健康状態をよくしておくことです。

 

食べたものが胃腸できちんと消化・吸収できる状態でなければ、体だけではなく、もちろん髪と頭皮の健康を保つことができなくなります。

 

また、肩こりも頭皮の血行を悪くする原因のひとつなので、十分な注意が必要となります。ひどくなる前にマッサージなどでほぐしておきましょう。円形脱毛症などの場合は、ひどい肩こりになることがあります。

 

そのほか、糖尿病や甲状腺の異常であったり、性感染症の梅毒、自己免疫疾患などの病気が原因となり髪の毛が抜け、薄毛やハゲの原因となることもあります。

 

これらの場合は、原因となる病気の治療をまず優先して行なうことが大切です。

 

悪化要因そのE 間違った頭皮ケア

 

頭皮環境を悪化させてしまう合成界面活性剤や殺菌剤などが多量に配合されているシャンプー、整髪剤等を使っている場合、皮膚への刺激などが原因となり抜け毛が増加してしまうことがあります。

 

また、シャンプー後のすすぎが不十分だと、その成分が頭皮に残って皮膚を刺激します。

 

パーマ液であったり毛染め剤などに多く配合されているチオグリコール酸やジアミン、アルカリ剤が地肌に浸透してしまうと、皮膚や髪が荒れてしまいます。結果としてこれも脱毛の原因となることもあります。ですから、パーマ液や毛染め剤は頭皮に薬剤成分がつかないように注意し、使用後はよくすすいで成分を落とすことが大切です。

 

また、ブラッシングによって生じる静電気、ポニーテールなど髪型にみられるように、髪を引っ張っている状態を長く続けることで毛乳頭組織周辺に炎症が起こってしまい、その積み重ねが原因で皮膚の組織の老化を早めてしまいます。結果、脱毛の原因になることもあるのです。

 

ナイロンブラシを使って乾いた髪をブラッシングする時に、毛髪の表面にはプラスの電気が帯電するのです。このプラスの電気は毛幹を伝って毛乳頭に達します。そうすると、皮膚内部ははマイナスの電気をおびているため、皮膚内部でショートを起こします。結果として、毛髪と毛乳頭との間に小さな気泡が発生することになります。すると、毛球が萎縮してしまうのです。

 

この時の静電気は、なんと1万ボルト以上にもなっているといいます。ほんの少しの気泡であるならば、時間が経過すれば自然と消えていくのですが、ブラッシングを頻繁にすると髪は毛乳頭から浮き上がりはじめ、最終的には乳頭剥離を起こして、細胞は角化して固着力を失い、脱毛するに至ってしまうのです。

 

ブラッシングの前には必ずブラシを水でぬらしたり、髪にも水やヘアクリームをつけるといった対策をとるほか、静電気防止スプレーなどを使用するなどして頭皮ケアには十分に注意することが必要です。