シャンプーしながら頭皮マッサージしよう

シャンプーしながら頭皮マッサージしよう

シャンプーしながら頭皮マッサージしよう

ハゲを治すための重要なポイント

 

薄毛・脱毛予防のためにもっとも大事なことは、頭皮を健康に保つことです。抜け毛の予防・ハゲを治すための重要なポイントのひとつが、「シャンプー」になります。

 

きちんとした方法でシャンプーをすることで、頭皮についた汚れやこびりついた皮脂を落とすことによって、頭皮環境が改善し、そして、血行もよくなって、髪の毛も元気に育つようになります。

 

頭皮環境を改善し、ハゲを治すためのもうひとつの重要なポイントは、「マッサージ」することです。

 

頭皮は人間の体の中で一番高い所に配置されてありますし、体のほかの部分の皮膚とは違い筋肉がついていない部分のために、血流が悪くなりやすい箇所なのです。

 

とくに、ヒトの頭皮は、老化によって硬くなりやすいのです。頭皮は、男女とも20歳頃がもっともやわらかみがありますが、20歳以降、とくに男性では著しく硬さが増し、コペンハーゲンのピーターズ医師の研究によると、髪の毛が薄い人の頭部の血の流れは髪の毛がある人に比べて2.6倍も低いということが報告されているのです。血行が悪いことが、ハゲを促進するのです。

 

これを防ぐためには、頭皮のマッサージを習慣化し、頭皮の血流をよくしてあげることが一番です。

 

シャンプーという言葉の語源をご存知ですか?その語源は、ヒンディー語の「チャンプー」という単語なのです。「チャンプー」の意味は「髪を洗う」ということではなく、「マッサージをする」という治療的な意味を持った単語なのです。

 

 

頭皮マッサージで頭皮の血行を改善する

 

頭皮の血流を改善するためには、シャンブーとマッサージをセットにした「マッサージシャンプー」をすることが効果的です。

 

マッサージシャンプーでは、生えてきたばかりの毛をこすらずに、やさしく洗うことも大切です。このため、髪の毛を大事に扱うという意識をもってシャンプーします。

 

基本のシャンプー、マッサージ法に加え、すでに薄毛や脱毛があらわれている人向けのプラスマッサージも行います。

 

基本は毎日、自分自身が行なうセルフケアになります。これを続けることで、多くの方の薄毛がよくなっています。

 

ぜひ、皆さんも正しいマッサージシャンプーを習得して、丈夫な頭皮をキープしてください。

 

正しいシャンプー回数とシャンプーの量

回数は一般的に1〜2日に1回

 

シャンプーをする回数は何回がいいのでしょうか。シャンプーの回数は多すぎてもダメですし、少なすぎても頭皮にとっていい影響がありません。

 

回数を多くしすぎると、シャンプーは頭皮への過度な刺激につながり、少ないと頭皮の汚れから脱毛が促進されます。そのためシャンプーの頻度は、一般的に考えると1〜2日に1回くらいのペースでいいのではないでしょうか。

 

しかし、頭皮も肌の一部なので、そのコンディション(頭皮環境)は人により異なっています。乾燥肌で皮膚炎などがある場合は、洗いすぎると抜け毛が悪化することがあるため、2〜3日に1回でよいでしょう。

 

一方、脂性肌であれば、毎日洗うべきです。 また、頭皮の状態は季節や体調、食事内容などによっても変化しますから、その都度、自分の頭皮の状態に合うペースで洗いましょう。

 

 

原則は2度洗い

 

次にシャンプーのやり方です。

 

脱毛予防のためのシャンプーでもありますから、「2度洗いが原則」です。

 

「洗いすぎはかえって抜け毛を促進するのでは?」と心配する方がいますが、そのようなことはありません。

 

洗いすぎで問題になるのは指の使い方であり、シャンプー自体が直接の原因になるわけではないのです(ただし含まれている成分によっては頭皮のダメージになってしまいます)。

 

 

2度洗いのコツ

 

1回目のシャンプーでは、脂などの汚れをしっかり落とすクレンジングが目的です。

 

頭皮が汚れていると、さまざまなばい菌も繁殖しやすいですし、そのために頭皮の代謝が悪化し、血流なども悪くなり、抜け毛を促進することになります。

 

1回目のシャンプーの量は、髪の長さや量、損傷程度によっても違いますが、500円玉くらいが目安です。手のひらに取り、よく泡立てて、髪の汚れと頭皮の脂汚れを落とします。

 

2回目のシャンプーは、頭皮をマッサージする目的で行ないます。マッサージはシャンプーなしでもできますが、シャンプーを使ったほうが髪の指通りもなめらかですし、頭皮に過度な力がかかりません。

 

ですから、シャンプーの量は少なめでよく、1回目の半量ほど、100円玉くらいを目安に手に取ります。マッサージの具体的な方法については、「頭皮マッサージのやり方」を見てください。

 

マッサージを行なうと、育毛がうながされるだけでなく、頭や目がすっきりしたり、肩が軽くなったり、イライラが鎮まったりします。リラクゼーションにもつながりますので、ぜひマスターしてください。

 

シャンプーとトリートメントの選び方

 

頭皮と髪の毛を洗う目的のシャンプーは、食器を洗う台所用洗剤や皿を洗う洗濯洗剤などとは違って、生きている人間の身体をキレイに洗うことを目的としたものです。

 

「健康と美」を保つためであることはもちろん、人体や環境に優しく、全体のコンディションを高いレベルで保てるものが望ましいです。

 

 

シャンプーの選び方

 

シャンプーの種類はたくさんあります。ペーハー値別では、

 

  • 傷んだ髪、敏感肌用の酸性または弱酸性シャンプー
  •  

  • 普通の髪用の中性シャンプー
  •  

  • 落ちにくい汚れ用のアルカリ性シャンプー

 

の3つの種類があります。

 

頭皮の状態にもよりますが、健康な髪や頭皮は、ペーハー値が4.5〜6.5の微酸性から弱酸性で、マッサージで使用する場合は酸性あるいは弱酸性シャンプーがいいでしょう。

 

シャンプーには使い心地も重要です。

 

これは、界面活性剤の種類や保湿因子(NMF)、PPT(毛髪に必要なたんぱく質)、オイル分など配合成分によって違います。使ってみた感覚で、好みのものを選んでください。その際、脱脂力が強すぎないものにしましょう。

 

また、抜け毛が始まっている場合は「育毛用」に開発された弱酸性、アミノ酸系のものを選ぶとよいでしょう。

 

ここで大事なのは、「石油系界面活性剤」が配合されていないシャンプーを選ぶことです。

 

代表的な石油系界面活性剤は、スルホン酸ナトリウム、キシレンスルホン酸アンモニウム、パレス-3硫酸ナトリウム、ラウリル硫酸ナトリウム(ドデシル硫酸ナトリウム)、ラウレス硫酸ナトリウム(ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸塩)、ラウレス硫酸アンモニウムなどがあります。

 

これらの石油系界面活性剤は洗浄力は高いのですが、その強すぎる洗浄力で頭皮を痛めてしまいます。値段が高い安い関係なくほとんどのシャンプーには石油系界面活性剤が配合されていますので、シャンプーを購入する際は成分表を確認するべきです。

 

オススメなのは、ラウロイルメチルアラニンNaやココイルグルタミン酸TEAといった「アミノ酸系界面活性剤」配合のシャンプーです。頭皮をキレイにして頭皮環境をしっかり整えることができます。

 

 

頭皮環境を整えて髪を太くする「アミノ酸系界面活性剤」シャンプー >>

 

 

リンスとトリートメントの選び方

 

リンスは「すすぐ」という意味で、お湯や水を用い、頭皮や頭髪に付着しているシャンプー剤や汚れなどをすすぎ流すことを「リンシング」といいます。

 

トリートメントは「処理ならびに手当て」の意味を含んでいます。

 

リンスやトリートメントの役割には

 

  • 頭髪をしなやかにし、しっとりとさせる
  •  

  • 頭髪のくし通りをよくし、整えやすくする
  •  

  • 頭髪を保護する
  •  

  • 頭髪に自然なツヤや光沢を与える

 

などがあります。

 

主成分はカチオン(陽イオン)界面活性剤というもので、リンス剤よりもトリートメント剤のほうが有効成分が濃く、乳化粒子が細かく、頭髪内部に浸透しやすくなっています。

 

育毛のためには、どちらも毛先の部分に重点的に塗布し、フケが多い場合以外は髪だけにつけるようにして、なるべく直接頭皮にはつかないようにすることが重要です。

 

これは、根元からつけるとハリ・コシが失われることと、殺菌成分により頭皮を傷めないようにするためです。

 

髪が短い男性であれば、質のよい「アミノ酸系界面活性剤」配合のシャンプーを使えば、髪はサラサラの仕上がりになるのでリンスやコンディショナーは必要ないはずです。

 

シャンプーは洗髪ではなく洗頭

爪の先でゴシゴシはNG

 

シャンプーで頭を洗う時に、爪の先を使ったり、指の腹で勢いよくシャカシャカしたり、ゴシゴシしたりと、強く洗っている人って結構多いはずです。実際のところ、この洗い方が抜け毛やハゲの原因になっていることが少なくありません。

 

ヘアサイクルの成長期に入った髪の毛は、毛先がとがっっていて、とても細い状態で毛穴から顔を出します。生え始めの髪の毛は、普通の人の腕の毛よりも細いくらいなのです。

 

髪の毛とは違い、腕の毛はちょっと乱暴ににこすったとしても抜けはしないのですが、新しく顔を出した髪の毛は力任せにゴシゴシ洗ってしまうと簡単に抜けてしまうのです。これは、髪の毛の毛穴が腕の毛穴よりもずっと大きいという理由からです。

 

また、毛穴には皮脂が充満しているために、ちょっと力を入れただけでも簡単に抜けてしまう性質があります。とくに、指の腹(指腹)で頭皮をこすると、新生毛を引き抜いてしまうことがあります。さらに、爪の先でこすることで頭皮が傷つき、ダメージを受けてしまいます。

 

 

優しく簡単にでもいけない

 

一方、「髪が抜けるのが嫌だから」と、やさしく軽く簡単に髪の毛を洗っている方もいますが、これも間違った洗い方をしている可能性があります。

 

というのも、力が強くても弱くても、指腹で頭皮をこすると、細い髪や新生毛が引き抜かれやすくなるからです。

 

しかも、頭皮の皮脂がシャンプーで取り除かれず、すすぎ残しも起こしやすいので、かえって抜け毛を増やしてしまいます。

 

 

指頭で頭皮を洗う

 

正しい洗い方は、爪の先や指の腹ではなく、指頭を使います。

 

そして、髪の毛を洗うのではなく、「頭皮を洗う」という意識で、やさしく頭皮をマッサージし、ほぐしていきましょう。

 

とはいえ、「指頭を使う」といっても力加減が難しいので、私はシャンプーでマッサージをするときは、「手形」と「組み手」を使って洗っています。

 

「手形」と「組み手」はここの記事で確認してください。

 

この「手形」と「組み手」なら頭皮に過度な力を加えずに力加減ができ、新生毛を引き抜く心配もありません。

 

シャンプーやマッサージを改善すれば、すぐに髪が生えるというわけではありませんが、最良の頭皮環境を作ることができ、すべての育毛の土台となり、健やかな髪を育てるもとになります。

 

皆さんもぜひ、正しいシャンプーマッサージの方法を習得して髪が元気に生える頭皮環境を手に入れてください。

 

 

 

頭皮マッサージのやり方 >>

 

頭皮環境を整える無添加シャンプー

 

オーガニックシャンプー【Raburo(ラブロ)】

 

髪を太くする希少成分【エルゴチオネイン】配合

 

  • 細い毛髪をしっかり太くする希少成分「エルゴチオネイン」を配合しています。
  • 肌に優しいオーガニックシャンプーなので老若男女問わず健康な肌になれます。
  • 石油系界面活性剤、ジメチコン、パラベン、合成香料等はもちろんすべて不使用です。
  • これ1本で全身隅々まで洗える優しい仕上がりです。

 

 

 

髪が生える頭皮環境にするための育毛法

 

【ハゲのカリスマ式】ぐんぐん発毛プログラム

 

発毛実績50,000人の育毛・発毛法

 

  • 一日5分で発毛効果が実感できる実績のある育毛・発毛法です。
  • 育毛・発毛の薬を飲んでも効果が得られなかった人達でも発毛した実績があります。
  • わかりやすいDVDと冊子で正しい発毛の方法を詳しく説明してくれます。
  • 発毛サロンに行ったりカツラをつける必要がなくなります。
  • 安心の365日返金保証付きです。

 

 

 

頭皮環境が整ったのなら!

 

育毛剤【CHAPUP(チャップアップ)】

 

人気・実力ナンバー1の育毛剤

 

  • 育毛剤使用者ランキング顧客満足度 第1位
  • おすすめ育毛剤ランキング 第1位
  • 最も期待できる育毛剤 第1位
  • AGA関連医師も認めているのでしっかりした効果が期待できます。
  • 永久返金保証付きだから安心して使用できます。